投稿者「afxk198」のアーカイブ

知って得する海外旅行のプリペイドカードとは

Published / by afxk198 / Leave a Comment

海外旅行向けのプリペイドカードっ何?

海外旅行や海外出張などでは、クレジットカードが欠かせませんね。しかし、クレジットカードは使いすぎてしまう心配もあります。また、小さなお店でのショッピング、チップ、交通機関などで現金が必要になることもありますね。しかし、高額な現金を持っているのも海外では不安です。

そんなときは、海外専用のプリペイドカードが便利です。海外専用のプリペイドカードとは、渡航前に日本国内で入金をしておき、海外ではキャッシュカードのようにATMで現地通貨を引き出せますし、ショッピングではクレジットカードとして利用することもできます。

あらかじめ予算内のお金を日本で入金しておくことで、クレジットカードのように使いすぎる心配もなく、安心ですね。残高が少なくなったときは、日本国内で再入金もできますし、インターネットバンクの利用で、海外での再入金も可能です。

ネットで簡単に申請ができる

海外専用プリペイドカードの発行は、パスポートや免許証などの本人確認ができるものがあれば、誰でも利用が可能です。発行している会社によっては、サービスカウンターでの即日発行も可能ですし、インターネットでも簡単に申請ができ、数日間で発行ができます。

メリットは安心感が魅力

海外専用プリペイドカードのセキュリティも万全で、例えば盗難や紛失時には、インターネットの専用サイトから、自身で利用停止ができたり、発行している会社に連絡をすれば、すぐに停止ができたりしますので、不正利用などを防ぐことができます。カード会社によってはスペアカードを提供している場合もありますので、いざというときはスペアカードを有効化することで、スムーズにメインカードとしての利用ができます。

そのほかのメリットとしては、盗難にあった場合に利用をストップすることもできますが、万一不正利用しようとされた場合でも、暗証番号でロックされてるカードもあり、銀行口座にリンクがされていないので、無制限に引き出すことができず被害が少なくて済みます。

また、大金を持ち歩く必要がないので安心ですし、口座開設の必要もなく、現地通貨は海外のATMから引き出せること、為替手数料の多くが4%と割安なこと、追加入金も可能なことなどが挙げられます。例えば、留学している子供への送金や、長期滞在をするときの生活費としても活用ができますね。

デメリットは限度額がある

外専用プリペイドカードのデメリットとしては、1回の利用上限金額が決まっているため、大きな買い物などは難しいことがあります。利用限度額については、カードの種類で異なります。また、1年間に追加入金ができる金額にも制限があったり、1日に引き出せる金額や利用金額にも制限があったりと、不便な点も挙げられます。

限度額に縛られて、利用できる金額に制限が多いところがデメリットといえますが、短期間の旅行であれば

海外旅行におすすめのプリペイドカード

海外専用のプリペイドカードは、徐々にその数が増えてきていますが、各会社によってサービスなどはさまざまですね。そんな中でも、私のおすすめカードを詳しく紹介していきます。

おすすめはマネパカード!格安の手数料でお得!

マネパカード(ManepaCard)は、「マネーパートナーズ」が発行しているプリペイドカードですが、なんと言っても、発行や入金の手数料、口座管理費や払戻し手数料などが無料の点がおすすめのポイントです。為替手数料も、米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・香港ドルであれば無料ですし、そのほかの通貨でも利用金額の3%で、他と比べてとてもお得です。

この手数料は、1回分は少なくても食事や買い物などで毎回かかってくるものなので、回数が多いほど安く済みますね。

セキュリティ対策

マネパカードではICチップを採用していますので、スキミング・カードの複製などは強いセキュリティ対策がとられています。また、紛失や盗難の場合は、申請すればカードは即使用できなくなります。また、もし被害があった場合でも、その申請した時点での額が保障されますし、カードで購入した商品についての盗難や破損などの保険も無料でついているので、安心ですね。

複数の通貨のチャージ

マネパカードはマルチカレンシー機能がついていて、複数の通貨に対応していますので、日本円での入金をはじめ、米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・香港ドルの5通貨での入金が可能です。ということは、マネパカードであれば、次の渡航先で両替の必要がないということですので、すぐに現地での買い物などが楽しめますね。

十分使えますし、限度額があるので使いすぎない点は安心にも繋がりますね。

まとめ

海外専用のプリペイドカードは、必要金額だけチャージをして、クレジットカードを同じように利用できますが、チャージした金額を限度にしか利用できないので、クレジットカードのように使いすぎる心配もありません。また、ATMで現地通貨を引き出すこともできますので、キャッシュカードのように利用できるなど、とても便利に利用できます。

大金を持ち歩かなくても、プリペイドカード1枚あれば、カード支払いも現金も利用できるのでとても便利ですね。海外へ行くときは、プリペイドカードの利用を検討してみてはいかがですか?また、国際電話に便利な、プリペイドカードもぜひ確認してみてくださいね。

国際電話のプリペイドカード

Published / by afxk198 / Leave a Comment

国際電話のプリペイドカード

こちらはクレジットカード代わりのプリペイドカードではなく、国際電話専用のプリペイドカードです。海外旅行や出張先から国際電話が掛けられるプリペイドカードは、少しでも料金を安く、安心で手続き不要の国際電話サービスは魅力的ですね。KDDIスーパーワールドカードでなら、日本で出発する前に前払いで購入することで、海外からの国際電話に利用ができます。詳しくみていきましょう。

海外から日本への国際電話にKDDIスーパーワールドカード

KDDIスーパーワールドカードは、使いやすく料金も手頃な国際電話用の電話カードです。メリットを確認していきましょう。

・手続きが必要なく、プリペイドカードを購入しておくことで、すぐに国際電話がかけられます。
・国際電話のかけ方が簡単で、どの国からかけても日本語のアナウンスがあり、言葉の心配がありません。
・街中の公衆電話、ホテルの客室からも国際電話がかけられます。
・額面の高いプリペイドカードほど、長い国際通話が可能で便利です。
・料金が前払いなので、後から高額な国際電話料金が請求されるということがありません。
・プリペイドカードの額面が余っても、日本国内通話にも携帯電話からも利用が可能です。
・KDDIの専用回線なので回線が安定していて、音質が良いようです。

プリペイドカードの種類

KDDIスーパーワールドカードは、500円・1,000円・3,000円・5,000円・7,000円と5種類の額面のカードがあります・また、額面が高いほど割安となっており、1,000円のカードであれば1,050円分の通話が可能ですし、7,000円のカードであれば、7,850円の通話が可能となっています。

例えば、海外出張の多い人や、留学などをする人にとっては、プリペイドカードはとても便利です。特に、ホームステイ先の電話から国際電話を掛けるときは電話代が気になりますが、このカードを利用すれば、電話代を気にすることなく、家族に連絡を取ることができますね。ではどれぐらいの時間、通話が可能なのでしょうか?例えば、計算上では、フランスから日本への国際電話の場合、1,000円のカードでは7分12ほど。中国から日本への国際電話の場合は、36分30秒ほどの通話が可能となります。(日本時間が夜間に一般加入電話にかけた場合)

KDDIスーパーワールドカードの利用方法

①アクセス番号(KDDIスーパージャパンダイレクト番号)にダイヤルします。
②カード番号を入力して♯を押します。
③81(日本の国番号)に続いて市外局番からの電話番号をダイヤルします。携帯電話も同じ要領です。国際電話をかけるときは、通常市外局番の0をダイヤルしないのですが、KDDIスーパーワールドカードでは、普通に0から始まる市外局番を入力します。

上記の①~③の順番で通話が可能となります。簡単ですね。ちなみに、ホテルの客室からの国際電話では、ホテルの外線番号を押してから、上記のように掛ければ大丈夫です。

KDDIスーパーワールドカードは、日本の主要空港で販売していますし、インターネットで事前購入も可能です。インターネットでの購入では、24時間いつでも購入できるほか、額面よりも格安で購入することができてお得になります。

海外でのプリペイドカードの使い方

Published / by afxk198 / Leave a Comment

海外でのプリペイドカードの使い方

プリペイドカードの使い方は、まずプリペイドカードの専用口座へ入金をし、会員専用サイトにて円を外貨に換えます。そして外貨をプリペイドカードへチャージします。そしてチャージされたプリペイドカードを使うという流れになります。

実際の海外現地での使い方

プリペイドカードを使うには、そのカードが対応している店舗である必要があります。ほとんどのプリペイドカードは、VISAやMasterCardですので、ほとんどの国で対応しているでしょう。支払い時には、基本的に海外事務手数料(為替手数料)などが発生します。また、ATMでの引き出し時にも、基本的に手数料が発生します。また、ATMよってはそのATMでの手数料がかかることもあります。

簡単に言えば、買い物では普通のクレジットカードのように、またATMではキャッシュカードのように利用をするだけです。

日本に帰国したときに、余っているチャージ分の払戻しについては、まずプリペイドカードの残高を専用口座に払戻し、その戻した外貨を円に両替する流れとなります。このときに両替手数料が発生することが多いでしょう。

プリペイドカードの使い方は特別難しいわけではありませんので、安心して利用してみてください。

海外プリペイドカードは即日発行ができるの?

Published / by afxk198 / Leave a Comment

海外で使えるプリペイドカードを即日発行

海外専用のプリペイドカードは、インターネットで申し込みをしても、基本的に郵送でのやり取りになることが多く、発行には1週間程度かかります。しかし、発行会社の窓口での申し込みの場合、即日発行に対応しているところもあります。現在即日発行に対応しているのは、「ネオマネー」と「キャッシュパスポート」になりますが、即日発行ならキャッシュパスポートがおすすめですね。

通常は1週間から2週間程度かかりますので、すぐに必要なときに即日発行してもらえると、とても便利にですよね。では、即日発行するにはどうすればよいでしょうか?

キャッシュパスポートは、トラベレックスの発行している海外専用のプリペイドカードになりますので、「トラベレックスカウンター」にてカードの作成をお願いすることで、即日発行することができます。

海外プリペイドカード種類と比較

Published / by afxk198 / Leave a Comment

海外プリペイドカード種類と比較

海外専用のプリペイドカードは、だんだんと増えてきていますし、またカードによってサービスや利用できる通貨などがさまざまです。せっかく作るのであれば、使いやすいものがいいですね。ここでは、人気の海外プリペイドカードについて6種類程、紹介していきます。

マネーパートナーズのマネパカード(ManepaCard)

マネパカード(ManepaCard)は、「マネーパートナーズ」が発行しているプリペイドカードです。16歳以上で申し込みが可能です。

・発行手数料:無料
・入金手数料:無料
・払戻し手数料:無料
・口座管理費:無料
・ICカード:有り
・チャージできる通貨:5
・為替手数料:利用金額の3%、ただし米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・香港ドルは無料
・入金限度額:1回80万円、1日100万円、1ヶ月200万円、年間1,000万円まで
・ATM引き出し手数料:無料
・ショッピング限度額:80万円/回
・セキュリティ:紛失や盗難の時は、すぐにカードの利用が止められるようにセキュリティロック機能があります。また、紛失や盗難の申請をした時点での残高(50万円限度)が保障されています。

トラベレックスジャパンのキャッシュパスポート

キャッシュパスポートは、「トラベレックスジャパン」が発行しているプリペイドカードです。

・発行手数料:無料
・入金手数料:1%
・払戻し手数料:500円+税
・口座管理費:無料~150円/月
・ICカード:有り
・チャージできる通貨:7
・為替手数料:利用金額の4%(外貨建てカードの場合、当該通貨国以外での利用の場合は5.5%)
・入金限度額:100万円/回・年間500万円まで
・残高限度額:100万円
・ATM引き出し手数料:200円/回
・引き出し限度額:15万円/回
・ショッピング限度額:85万円/回
・セキュリティ:カードの紛失や盗難のときには、残高の一部を現金化して受け取ることができます。また、紛失や盗難に備えて、スペアカードがあります。

ジャックスのゴナ(Visa TrabelMoney”Gonna”)

ゴナ(Visa TrabelMoney”Gonna”)は、「ジャックス」が発行しているプリペイドカードです。15歳以上から申し込みが可能になっています。

・発行手数料:無料
・入金手数料:無料
・払戻し手数料:500円+税
・口座管理費:100円+税
・ICカード:なし
・チャージできる通貨:1
・為替手数料:利用金額の4%
・入金限度額:100万円/回・1日100万円・月200万円・年間1,000万円まで
・ATM引き出し手数料:200円/回
・残高限度額:100万円/回
・ショッピング限度額:100万円/回
・セキュリティ:カードの紛失・盗難のときには、インターネットで一時停止ができ、カードの緊急再発行(手数料2,000円)も対応しています。

クレディセゾンのネオマネー(NEO MONEY)

ネオマネー(NEO MONEY)は、クレディセゾンが発行しているプリペイドカードです。13歳以上から申し込みが可能です。

・発行手数料:無料
・入金手数料:無料
・払戻し手数料:500円+税
・口座管理費:無料
・ICカード:なし
・チャージできる通貨:1
・為替手数料:利用金額の5%
・入金限度額:10万円/回・1日100万円・年間300万円まで
・残高限度額:100万円
・ATM引き出し手数料:200円/回
・引き出し限度額:15万円/回
・ショッピング限度額:70万円/回
・セキュリティ:カードの紛失・盗難のときには、連絡した時点での残高が保障されます。

JTBのマネーグローバル(MoneyT Global)

マネーグローバル(MoneyT Global)は、JTBが発行しているプリペイドカードです。

・発行手数料:無料
・入金手数料:525円
・払戻し手数料:500円+税
・口座管理費:150円+税/月
・ICカード:なし
・チャージできる通貨:1
・為替手数料:利用金額の4%
・入金限度額:100万円/回・月200万円・年間1,000万円まで
・残高限度額:上限無し
・ATM引き出し手数料:200円/回
・引き出し限度額:10万円/回
・ショッピング限度額:100万円/回
・セキュリティ:JTB海外トラベルデスクでの日本語サポートを受けることができます。

韓国トラベルプレペイ度は、三井住友カードが発行しているプリペイドカードです。残念ながら、2016年1月22日で、新規申込みが終了しています。現在持っているプリペイドカードについては利用が可能です。

日本から韓国へ行く人のためのプリペイドカードとなっていて、韓国内での飲食店など220店舗で利用できます。販売されているのは3種類で、10,000円・50,000円・100,000円となっており、ロッテ免税店では、支払い金額の10%割引き優待があります。

・海外ATMについては利用不可
・チャージ手数料:Webの専用ページにて、三井住友クレジットカードでの入金は無料。
それ以外のクレジットカードでは、30,000円未満/324円、30,000円以上/480円。
コンビニ入金の場合、30,000円未満/226円、30,000円以上/280円、50,000円/480円
銀行ATM、もしくはネットバンキングからの入金の場合、一律216円
・払戻し手数料:残金については返金不可
・入金額の上限:50,000円、追加入金については3,000円以上1,000円単位で可能
・セキュリティ対策:カード利用停止、残金の保証はないため、取扱に注意が必要

クレジットカードのように利用できますが、ホテルや機内販売、レンタカーなどでは利用ができません。また、優待加盟店での特典があります。