海外でのプリペイドカードの使い方

海外でのプリペイドカードの使い方

プリペイドカードの使い方は、まずプリペイドカードの専用口座へ入金をし、会員専用サイトにて円を外貨に換えます。そして外貨をプリペイドカードへチャージします。そしてチャージされたプリペイドカードを使うという流れになります。

実際の海外現地での使い方

プリペイドカードを使うには、そのカードが対応している店舗である必要があります。ほとんどのプリペイドカードは、VISAやMasterCardですので、ほとんどの国で対応しているでしょう。支払い時には、基本的に海外事務手数料(為替手数料)などが発生します。また、ATMでの引き出し時にも、基本的に手数料が発生します。また、ATMよってはそのATMでの手数料がかかることもあります。

簡単に言えば、買い物では普通のクレジットカードのように、またATMではキャッシュカードのように利用をするだけです。

日本に帰国したときに、余っているチャージ分の払戻しについては、まずプリペイドカードの残高を専用口座に払戻し、その戻した外貨を円に両替する流れとなります。このときに両替手数料が発生することが多いでしょう。

プリペイドカードの使い方は特別難しいわけではありませんので、安心して利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA