国際電話のプリペイドカード

国際電話のプリペイドカード

こちらはクレジットカード代わりのプリペイドカードではなく、国際電話専用のプリペイドカードです。海外旅行や出張先から国際電話が掛けられるプリペイドカードは、少しでも料金を安く、安心で手続き不要の国際電話サービスは魅力的ですね。KDDIスーパーワールドカードでなら、日本で出発する前に前払いで購入することで、海外からの国際電話に利用ができます。詳しくみていきましょう。

海外から日本への国際電話にKDDIスーパーワールドカード

KDDIスーパーワールドカードは、使いやすく料金も手頃な国際電話用の電話カードです。メリットを確認していきましょう。

・手続きが必要なく、プリペイドカードを購入しておくことで、すぐに国際電話がかけられます。
・国際電話のかけ方が簡単で、どの国からかけても日本語のアナウンスがあり、言葉の心配がありません。
・街中の公衆電話、ホテルの客室からも国際電話がかけられます。
・額面の高いプリペイドカードほど、長い国際通話が可能で便利です。
・料金が前払いなので、後から高額な国際電話料金が請求されるということがありません。
・プリペイドカードの額面が余っても、日本国内通話にも携帯電話からも利用が可能です。
・KDDIの専用回線なので回線が安定していて、音質が良いようです。

プリペイドカードの種類

KDDIスーパーワールドカードは、500円・1,000円・3,000円・5,000円・7,000円と5種類の額面のカードがあります・また、額面が高いほど割安となっており、1,000円のカードであれば1,050円分の通話が可能ですし、7,000円のカードであれば、7,850円の通話が可能となっています。

例えば、海外出張の多い人や、留学などをする人にとっては、プリペイドカードはとても便利です。特に、ホームステイ先の電話から国際電話を掛けるときは電話代が気になりますが、このカードを利用すれば、電話代を気にすることなく、家族に連絡を取ることができますね。ではどれぐらいの時間、通話が可能なのでしょうか?例えば、計算上では、フランスから日本への国際電話の場合、1,000円のカードでは7分12ほど。中国から日本への国際電話の場合は、36分30秒ほどの通話が可能となります。(日本時間が夜間に一般加入電話にかけた場合)

KDDIスーパーワールドカードの利用方法

①アクセス番号(KDDIスーパージャパンダイレクト番号)にダイヤルします。
②カード番号を入力して♯を押します。
③81(日本の国番号)に続いて市外局番からの電話番号をダイヤルします。携帯電話も同じ要領です。国際電話をかけるときは、通常市外局番の0をダイヤルしないのですが、KDDIスーパーワールドカードでは、普通に0から始まる市外局番を入力します。

上記の①~③の順番で通話が可能となります。簡単ですね。ちなみに、ホテルの客室からの国際電話では、ホテルの外線番号を押してから、上記のように掛ければ大丈夫です。

KDDIスーパーワールドカードは、日本の主要空港で販売していますし、インターネットで事前購入も可能です。インターネットでの購入では、24時間いつでも購入できるほか、額面よりも格安で購入することができてお得になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA